column

ARCHIVES
  1. '09.12.25 クリスマス

    クリスマスディナー。
    友人が集まってのパーティーです。
    前菜のフォアグラ、サーモンから始まり、アスパラのスープ。
    締めには温野菜と巨大なターキー。
    デザートはイチゴパフェでございます。
    私は、今日稽古があったため、食べただけのいい身分。
    みんなは昼から準備して、一大イベントでした。
    家にある巨大なクリスマスツリーに、
    皆で持ってきたクリスマスプレゼントをそれぞれに開けて盛り上がりました。
    あー、でもやっぱり8月のバカンスと、12月のクリスマスシーズンに仕事をすると大変だー。
    休みモードの人とは、テンションが違いすぎます。
    仕事場に行くことは簡単だけど、うちに帰るのが大変です。
    二役やってると思えばいいのかー。

    1.jpg

  2. '09.12.22 憑依

    稽古も佳境です。
    かなり生臭い芝居になっております。
    昨日は恒例の”幽体離脱熱”が出ました。
    どの芝居でも、一日だけ必ず稽古中に高熱が出るのです。
    どうも体から何からその人になっていくときに、私の場合高熱が出るようです。
    今は夏美になりきっているようです。
    さて、只今クレオとママンが来ています。
    クレオは11歳になり、もう子供とはいえないくらい大きくなって、
    ちょっと前までローランの取り合いの熾烈な争いがあったのですが、
    “パパの隣はしのぶね”とか”彼とスカイプがしたいの”とか言ってるのです。
    なんとなく敵がいなくなるとつまらなくなるもので、
    何だか肩すかしを食らっている毎日です。
    フランス女子は、あっという間に一人の女性になってしまうのでした。
    今日は稽古が突然早く終わったので、クレオと買い物三昧でした。
    Rose Budで”i love MJ”のTシャツを買ってあげました。


  3. '09.12.18 興奮

    こんな私って久しぶり。
    ここ三日くらい、三時間くらいしか寝てません。
    ずっーーーと、芝居のことを考えて、
    明日はこうしよう、ああしようと考えてると
    明日がやってきてしまうのです。
    10代の演劇少女に戻ったようです。
    稽古場はすごいことになっています。
    きっとこの芝居はDVDにもならないでしょう、際物すぎて。
    劇場に来て、この吐き気をもよおす生臭い芝居を堪能してほしい。
    血は立ったまま眠ってますから。


  4. '09.12.15 日々のこと

    はー、よかったよかった。
    捨助君、大学病院で検査をした結果、
    生まれつきの骨の変形はあるものの、
    今回のは、突発的なものだったそうで、
    今はかなり歩けるようになりました。
    よかったー、と思ってた今朝、姫チャンがドアに足を挟んでびっこ。
    これも長くは続かなかったので、ほーっとしました。
    二匹の母は大変でございます。
    さて、今私は、来年の大河「龍馬伝」の撮影と、
    舞台の稽古の毎日です。
    大河は坂本家が、かなりわきあいあいと楽しいです。
    この間、福山さんが三味線を弾くシーンがあったのですが、めちゃくちゃ素敵でした。
    舞台の稽古もかなり興奮気味です。
    相手は窪塚洋介くんですが、魅力的です。
    訳の分からないせりふも、彼が言うと耳に入ってくるのが不思議です。
    初舞台とは思えない存在感で、私もかなり燃えています。
    と忙しい毎日ですが体の血がぞわぞわしている毎日です。


  5. '09.12.03 血は立ったまま眠っている

    来年年明けからおこなわれる舞台「血は立ったまま眠っている」の
    制作発表と取材をやりました。
    なんせメンバーは血なまぐさい、個性派の役者というか、
    役者を超越した人間が集まっている、鳥肌もんの座組です。
    三谷昇さんやマメ山田さん、六平さんに蘭妖子さんなどなど。
    記者発表は盛り上がりました。
    その後は取材がいろいろあったのですが、中でも窪塚君との対談は面白かった。
    インタビュアーさんが、窪塚さんに「寺島さんの印象は?」と聞いたところ
    「昭和の男ですね」って窪塚君。
    え?ええ?今、男っつった?
    どういう意味だー?結局、首を傾げながら帰ったのでした。


  6. '09.12.02 捨ちゃんその後

    捨ちゃんのぎっくり腰事件により、家が様変わりをしてしまいました。
    階段を下りないようにゲートを起き、動き回らないようにゲージを組み立て、
    捨ちゃんがトラウマになったカーペット
    (ここで寝てたときに突然なったらしい)を取り除き、、、
    ローランちゃん、かなり不機嫌です。
    しかもお散歩もできないし、姫だけ連れて行くと、
    この世の終わりのように泣くので姫ちゃんも散歩をあきらめ、付きっきりで不満そう。
    ベランダに出て、下を見ながら恨めしそうにタソガレています。
    今、捨チャンは毎日電気針をやっていて、
    少しずつ元気に向かっているようです。
    でも、私の愛情が全て捨てちゃんに向かっていることを
    横目で見ている二人は、完璧に同盟を組んでいじけているのです。
    「しのぶはもう私のことはかわいがってくれない。だから私は絶食する!」って
    姫が言ってるって、ローランが言うのです。
    だってしょうがないじゃん、病人なんだから。
    でも犬でもこんなに嫉妬するんだから、子供が産まれたら大変だろうなー。
    現に子供が産まれたことで、関係が変わってしまうカップルはいっぱいいるし。
    ローランもはじめはそれで失敗してるし。
    私も気をつけなくては。
    少なくとも”あなたのことはいつも見てるわよ”的な態度は、
    例えば本心は思ってなくてもプリテンドするべし!かな。