column

ARCHIVES
  1. パパみたいに

    パパみたい.jpg
    パパのお仕事みたい!ととんかちを握るMr.M.


    パパみたい2.jpg
    パパみたいに大きくなる!とフレンチフライを頬張るMr.M

    大きくなるのと太るのは違うんだよ~。と私
  2. つもり

    弁天小僧
    小僧のつもり.jpg
    のつもり

    め組の喧嘩の鳶
    恵のつもり.jpg
    のつもり
  3. 奇跡のオイル

    奇跡のオイル.jpg
    これをお風呂に数滴。
    枕に数滴。
    その日以来朝まで熟睡できるようになった我が家。
  4. 読み聞かせ

    今日も山田先生と気分転換にヨガ。
    モヤモヤを深呼吸とゆっくりとした動きでじっくり汗をかきました。

    夜の読み聞かせは私の仕事。
    こればっかりはローランには負けません。
    この四冊はMr.Mのお気に入り。
    読み聞かせ.jpg

    この四冊は私のお気に入り。
    読み聞かせ3.jpg
    だいたい四冊が毎晩の行事。
    絵本に学ぶことが多々あります。
    読み聞かせ2.jpg
    子どもはそもそも親の時間を食いつぶして育っていくもの

    染みるわ~この言葉

  5. ピクニック

    今日はお弁当を持ってピクニックに行ったMr.M.
    私も初弁当にいささか緊張気味でございまして、
    朝六時には、ぱっと目が覚め、取りかかりました。
    張り切って色々と作って、いざ詰めようとすると
    あまりの弁当箱の小ささにどうしてもスタメン出場できない
    おかず達が多々出てきまして、敢えなくスタメンから漏れた
    ナムルちゃんとひじきちゃんは私の胃袋に入りました。
    子供のお弁当箱って小さいんですね。
    帰り際、「今日お弁当とっても美味しかった!」Mr.M
    「嬉しいなぁー、何が一番美味しかった?」私
    「うーんとねー、りんごとなしとマスカット!」って。
    撃沈・・。

  6. ひやり

    駐車場などで自分の子供がいるとは知らず、
    親が死亡させてしまう事件を目にします。
    こういう事件が起きると自分がやってしまったように
    心臓がドキドキして、やってしまったような妄想にかられてしまうのです。
    自分の子供を知らないで死亡させてしまうなんて
    悔やんでも悔やみきれないでしょう。

    Mr.Mもここまでひやりとしたことが少なくありません。
    注意してたって、思いもしなかった行動をするわけです。
    気を付けよう。とこういう事件を目にする度、悲しみと共に思うのです
  7. 誤審

    となったオーストラリア。
    今どのスポーツもあんなにビデオ判定が充実してる中、
    試合中に判定できないなんて。
    しかも終わってから誤審があったと言われたって。
    どうしようもないですよね。
    相撲みたいに取り直しがあるわけでもないでしょうし。
    これは、スコットランドはだまっていられないでしょうし、
    オーストラリアに対してしこりは残るでしょうね。
    ビデオ判定により、よりフェアにグレーな部分がなくなって来て、
    見てる方も面白いですが、その反面、人間が人間を判定する
    アナログな部分も嫌いではありません。
    機械よりも感情がどうしったって入ってくるわけですから。
    マラドーナの神の手も今だったらあっさりハンド!って言われちゃうのかなぁ。
    疑惑があったり、国同士の因縁があったり。
    スポーツと言っても国同士の戦いですからね。
    歴史があればあるほど、そういうことがあるわけです。
    そんな話をローランに聞くのは楽しいです。
    フランスは色々ありますから。
    再試合出来ないのかなぁ。スコットランド可哀想。可哀想過ぎる・・。
    一点差・・・。
  8. 帰ると

    洗濯物がかごから全部出ており中を見ると、、、。
    こんな感じ。
    帰ると.jpg

    勿論Mr.Mの仕業。運動会の玉入れを一生懸命見てたからそれに触発されたのかなぁ。
    どこでどう感じてどう繋がっていくか。
    Mr.Mの頭の中は情報が渦巻いているんだろうなぁ。
    面白い。
  9. およばれ

    今日はブラジル大使ご夫妻におよばれです。
    「禁断の裸体」を初日に観に来てくださりそのときからのご縁です。
    奥さまはフランス人ということもあり、すぐに打ち解けてしまいました。
    楽しい会食でございました。

    大使夫人のベアトリスと。
    およばれ2.jpg
    右からmot美術館館長の長谷川さん。建築家の妹島さん。
    トルシエの通訳もやっていたフローランスの奥さまのとしこさん。
    およばれ.jpg

    やっぱり、ばりばり一線で活躍されてる方達のお話は本当に勉強になります。
  10. 久々に

    菊之丞先生の踊りのお稽古。
    久々稽古.jpg
    二ヶ月ぶりにやったら浴衣がツンツルてんになってるー。
    久々稽古2.jpg
  11. 矢の根

    自分でコンセントを巻き付けて、刀をさして、見栄を切ってる。つもり。
    矢の.jpg

    矢の2.jpg

    矢の3.jpg
    生で見た矢の根がそうとう焼き付いたそうです。
    子供は心が動いたときに学ぶのだそうです。子育ては自分への修行です。
  12. 久々の歌舞伎

    昼の部から歌舞伎座へ。
    父の人情噺文七元結は大好きな演目のひとつで御座います。
    すべての間合い、聞かせる台詞、落とし所、お客さまとの空気の掛け合い。
    全て勉強になりました。
    お久の尾上右近さんも良かったですし、私が勝手に注目していてる
    中村梅枝さんの文七が素晴らしかったです。
    きっと沢山研究されているのだなぁと感心しました。
    Mr.Mはというと、朝一のだんまりから大好きな矢の根を生で見ることができて大興奮。
    休憩時間は歌舞伎座を駆け回り、役者さんの番頭さんや受付の方達や
    売り子さんに可愛がっていただきました。
    すっかり歌舞伎座を堪能した後の昼最後の文七は
    薄暗い中始まるので、すっかりほっとしたのか爆睡。
    何とラグジュアリーな場所で寝てしまうんでしょう。
    帰りの車の中、突然ムクッと起きて
    「今日のひーま、何か汚かったねぇ」と言って又眠りにつきました。
    まあ、確かに貧乏長屋の話ですので、汚いっちゃー汚いのですが。
    兎に角、歌舞伎を堪能致しました

  13. スポーツ

    世界トップクラスの試合を見ると
    どのスポーツでも分かりやすく楽しく見られます。
    四年前のオールブラックス対フランス レブルーの試合は
    ローランと六本木のスポーツバーに見に行ったっけ。
    今回、私はテレビで、ローランはインターネットで
    フランスの解説を聞きながら一喜一憂しております。
    前半で主要な選手が怪我で去り、終始押されムードのレブルーに
    早くも諦めモードのローラン。
    この人、すぐ諦めるから本当に良くない。
    「ゲームは終わるまで何があるか分からないのだから」と
    しょっちゅう私に怒られるローラン。
    これを日本の試合でやられると本当に腹が立って怒り狂うわけです。
    フランスには逆転劇、メイクドラマ!という言葉がないのでしょうか?
    押してると調子に乗るけど、いざ押されるとすぐしゅんとしちゃうんだから。
    全く。

    さてさて、南アフリカが勝ち、更に日本の価値が上がるわけですが、
    ここの場いる日本チームを是非とも見てみたかった。

  14. 黒田節

    二人でお風呂に入っていたときのこと。
    洗面器にお湯を入れ、それを口に含むのが最近の流行りのよう。
    思わず私は黒田節を口ずさんだ。
    "さ~あけ~はのめ~のめ~、の~む~なぁら~ば~・・"
    この私の歌い方がツボに入ってしまったようで、
    それを歌ってほしいがために、洗面器にお湯をため、
    飲む真似をするMr.M.
    私が歌うとコロコロ、ケラケラ笑うのです。
  15. bogamari

    念願かなって又々来ました。bogamari!
    シモーネとちひろちゃんと。

    シモーネ.jpg

    いや~、又々胃袋を奪われました。
    ポルチーニ最高!キャビアパスタ撃沈!ティラミスで昇天!
    シモーネ3.jpg

    シモーネ2.jpg

    シモーネ4.jpg
    四人で唸りながら食べて、飲んで、楽しい会食でございました。

    お店にいらした素敵なご夫婦が声をかけてくださり、
    何でも私の以前書いたコラムを見て、旦那様の誕生日と結婚記念日を祝うべく
    ここのお店にいらしたのだそう。
    何か私、人の役に立った気がした。
  16. やっほー

    蜷川.jpg
    蜷川さん80才のバースデーなので。
    「血は立ったまま眠っている」以来、会いに埼玉に行ってきました。

    蜷川さんは私を19才の時に見つけてくださった恩人です。
    まだまだ生意気盛りの私をのびのびと見守ると同時に罵倒も多々頂きました。
    椅子を投げられたり、胃薬を目の前で飲まれたり。
    言われ続けても反発していた私も懐かしい。
    今日はぐっとくる再会でした。

    私「元気そうですね~。」
    蜷川さん「しのぶ、何か若返ったな~。」

    何か、お互い何から話せばいいか分からない感じで、
    かなり表面的な会話のやり取りでしたが、
    会話にない、アイコンタクトが確かにありました。

    久々に大石継太さんや岡田ちゃんにも会えたし。
    蜷川組はいるだけでほっとします。
    今日は、ナンカ、胸がいっぱいだ。

    久々の対面で、正直、泣きそうだった
    屈折と劣等感の固まりは努力をする。
    お前はダントツに芝居が上手くなれ。
    19才で会ったときに蜷川さんに言われた言葉。
    この言葉が今の私の原動力。感謝。しても、しきれない。 

  17. 昨日は

    燃えるような夕日でした。
    燃える3.jpg
    お気に入りのパン屋さん。
    酵母の香り、食感最高です。
    カンパーニュは口うるさいローランからアンコールが出ました。

    ここで色々な木を使ったお箸があり
    燃える.jpg
    名前を入れていただきました。
    燃える2.jpg
  18. こんなに几帳面に

    並べてる。
    几帳面2.jpg
    成長したなぁ。

  19. 感動

    五郎丸選手、田中選手の涙。
    色々な思いが複雑に詰まっているような感動的な涙でした。
    とはいってもワールドカップは四年後。
    四年も経てば体力だって、状況だって、目まぐるしく代わるのがスポーツの世界。
    中心となる選手は代わってくるわけです。
    今のこのチームでトーナメントに行きたかったんでしょうね。
    でも本当に日本の勇姿を世界に確実に焼き付けました。
    素晴らしい!

    今の流行りはお医者さんごっこです。
    お医者.jpg
    おとなしい姫ちゃんではなく、あえて嫌がる捨助にやるのです。
    自分のようだと思っているからでしょうか?

    天気の日は、パレスホテルのテラスでランチです。
    パレス.jpg
    日焼けを嫌う日本人。太陽をこよなく愛すテラス人。いやいや、フランス人。
    私もすっかり外が好きになりました。
    習慣とは怖いものです。

  20. いや

    楽天オープン。
    ライブで見られないから、先に勝敗がわかって本当に嫌なんですけど。
    負けたってわかった上で見るのは悔しいだけで、何も楽しめません。
    何とかならないのかしら。
    試合の録画ほどつまらないものはありません。
    データを取る人間でもないですし。
    生の熱を味わいたいだけです!
    やっぱり行かなきゃいけなかったんだわ、有明に。
    三度目の対戦は是非とも勝っていただきたい。
  21. 勉強になります

    勉強.jpg

  22. Mr.Mのブーム

    dTVにて。忍者ハットリくんとハクション大魔王。
    私も大好きだったハクション大魔王。
  23. 秋晴

    秋晴.jpg
    オレ、雨嫌い!
    オレ、風嫌い!
    勿論雪なんてもってのほか!
    オレ、カンカン照りも嫌い!
    でも、曇も何か憂鬱・・。
    晴れてて涼しい秋晴がオレは一番好きだぁ
  24. 「愛していると言ってくれ」

    dTVにて「愛していると言ってくれ」を拝見。
    豊川さんのかっこいいこと。
    まさか数年後に三本もご一緒するとは・・。
    豊川さんは撮影中、その人として生きていてくださるので
    とても共演させていただいて気持ちがいい方でした。
    またご一緒したい!と思える役者さんの一人です。
    今日は何見よっかなー。
  25. 流血

    帰ってくるなりMr.Mにひっかかれ流血するローランさん。
    流血.jpg
    ローランだけには何故か全力でぶち当たっていくMr.M.
    日本人選手から見たサモアの選手のような感じなんでしょうか。
    兎に角、嬉しくて向かっていくんですが、必ず痛い目に合わせるのです。
    お友だちにも私にも勿論やりません。
    何かの的だと思ってんのかなぁ~。