column

ARCHIVES
  1. うとうとしている間に

    部屋がこんなことになっていた。綺麗だけど、どうするんだろうこれ。
  2. なに?

    夕方からこの二日間くしゃみの連続。間違いなく何かのアレルギー反応が出ているMr.M。ブタクサかなー。明日耳鼻咽喉科行ってこよう。可哀想です。
  3. 晴王

    ご贔屓さんにいただいた岡山県産のシャインマスカット"晴王“信じられないくらいおいしいです。
  4. 最高!

    隅田川花火大会。今年は浅草に住んでいるお友達が海外のためベランダから見られなかったー。残念。テレ東さんで花火鑑賞。副音声ではみうらじゅんさんといとうせいこうさんの仏像コンビで、最高でした。やっぱり好きです。みうらじゅんさん
  5. これ

    くせになります。
  6. なでおろす

    姫ちゃんが死んじゃってからすっかり弱ってしまった捨ちゃん。一時は全く食べなくなり肝臓、口の腫瘍、腰が立たない、などなどここのところ頻繁に病院のお世話になってますが、又ここにきて肩にグリグリを見つけ細胞検査に。結果は悪いものではなかったので、ほっと胸をなでおろす。ここ最近これの繰り返し。14歳だからなにがあってもおかしくないけどやっぱり毎回苦しくなる。まずは一安心。
  7. なるほどなはなし

    「oh lucy!」で私が"アイラブユー"と言うシーンを観ていたMr.M。“お母さんの英語日本人が喋る英語だねー”って。ほほう。英語が全く話せない日本人の役だったのでわざとそう話しているのを分かってくれた。
     
    先生に“どこに旅行に行って、なにが楽しかった?”と聞かれ答えられないMr.M。あとで“フランスに行ったじゃない。”と私が言うと"あれは旅行じゃないし。フランスは家に帰っただけだから"と言われた。そうか、彼にとっては母国だからか。なるほどなぁ。
     
    ハッとした二つの話。
  8. エムバペ?

    優勝前に買ったから星がまだ一つで不服のローラン


    これを着てる時はエンバペと呼べ!と言っております。
  9. 森美術館

    日本の建築美。素晴らしかったです。Mr.Mも"うわー。うわー"と言いながら見とれていました。これを見て一言"登っていい?"


    バーチャル体験。ここはかなりの時間夢中になっていました。




    カナダにいるcleoが恋しくなった様子。
  10. 凄かった

    金曜だし人もあまりいなかったのでゆっくり見られました。






  11. 全勝消える

    御嶽海関惜しかったのにー。取り直しと思いきや。
    でも、明日から又頑張って欲しいです。なんかオーラはなってます。体も身がいっぱい詰まってピッチピチです。
    Mr.Mが勝手にパン屋さんでお見かけしてからお友達と言っている嘉風関。大丈夫でしょうか。
  12. ナイトフライト

    ナイトフライトは飛行機で寝ちゃうから時差の調整が難しい。夜乗って、又夜着くという不思議な感覚。時差の説明はなかなか難しい。帰るなりもくもくと作り出した。アーティスティックだけど。おしゃれなペンギンのように私には見える

    松緑さんからいただいた十手も絡めてフランスのおもちゃカプラで創作

    8月29日の尾上会に向け稽古中。お陰様でチケットはほぼないようです。和史君と菊之丞先生の娘さんとの場面の練習です。どうなりますことやら
  13. 実りある

    cleoに塗ってもらったらしい、気に入ってる


    ママンにはまたしばらく会えないね
  14. 楽しそう

    右から二番目はローランパパのお姉さん。リディ。77歳。住んでるところは4階。もちろんエレベーターはない。買い物だってデリバリーなんてものはない。毎日四階まで荷物を持って上がる。でも元気そう。リディが一年越しで作るピーマンのオイル漬けは本当に美味しい。でも作るのに手間がかかるから去年でリタイアしたらしい。しかし、フランス人の人間力は本当にすごい。不便さは人間を鍛え上げ工夫を及ぼす。だからこそ帰ってくると日本はなんて便利で人に優しい国なんだろうと実感するけど無人島にいてどっちが生き残れるかっていつも思う。どっちの文化も五歳で知れているMr.Mは本当に羨ましい。

    何についてディスカッションしているんだろう。楽しそう。
  15. ばてばて

    捨ちゃん。夜までハアハアしてる。冷房をつけても扇風機つけても首にアイスノン巻いても水に氷入れても暑そう。もともと暑さに弱いフレンチブルですからね。可哀想。
    でも、食欲だけはあるから安心します。捨ちゃんなりに、食べねば!と思っているのでしょう。水浴びさせるかな
  16. 昨日の写真について

    私が、あなたは今でも十分素敵だけどもう少しダイエットしたらもっと素敵とメールを送ったが返信は来ない。優勝して喜びの美酒の真っ最中だろう。こんな時だからどさくさに紛れて言ってみたんだけど、返信はこない。
  17. こっ

    こんなだったの?ローラン。めちゃめちゃ〇〇じゃん。cleoかわいい。今やエンバペと同い年。
  18. ドゥーズエトワール

    おめでとう!!!二つ星になったフランス。フランスは大騒ぎのようです。でしょうね。今までミスターパーフェクトだったカンテをさげる。このデシャン監督の判断力。思い切り。選手を生かすも殺すも監督次第。デシャン監督は"試合は選手たちのもの。選手の喜びが私の喜び"と。母親もそういうこと。コーチングの腕にかかってる。やはり、フランスはワインのように、街並みのように、古き良きを大事にします。どんなに負けた時でもデシャン監督でやり続けた。元オーランド大統領も女性問題があっても政治をやり続けた。国民がマスコミに依存していないし流されないから仕事をやってくれれば文句は言わない長い目で見る力。能率良い方法。フランスにたくさんのことを学びました。フランス人でもないのに涙が出てくる。デシャン監督は歴史を作りましたね。ありがとうございました。
  19. allez les blue!

    さーて、いよいよ決勝戦。フランスは勝つ!勝つ!勝つ!
    キリアン(エムバペのことをフランス人は呼ぶ)!ローランはエムバペがネイマール化しないことを切に願っています。
    ジズー(ジダン)が居なくなってカリスマ的にチームをまとめ上げる人がいなかったし、ここ最近では悪い方で話題になる方が多かったフランスチーム。今回はとてもエレガントだし、観ていて楽しい選手ばかり。ローランはしきりにローエム(チームマルセイユ)の選手を出してくれ!と言ってますが今の状況だと出られないなぁーとぼやいております。だいぶ前にマルセイユのサッカー場に行った時は感動しました。地響きがするようなスタジアムの雰囲気にゾクゾクしました。阪神ファンの方たちのように勝ってても負けてても、いつでも地元が一丸となって応援します。今やマルセイユで酒井選手は英雄です。私がフランクフルト行きの時、何故かサムライブルーに紛れ込んでしまって、たまたま後ろにまさかの酒井選手が!思わずツーショットを撮っていただいたのですが、その写真をcleoに見せると"キャーーーシノブズルイ!!サカイー!"と絶叫するわけです。
    クロアチアはワイルドでちょっと何が出るかわからない怖い存在。でも、でも、今回こそ。二つ目の星をフランスに!
    マルセイユが何故我々はフランス人ではなくマルセイユ人だと言う由縁がわかった気がする。
    国歌はla marseillaise。フランス革命期に兵士がマルセイユからパリに歩いて助けに行ったことからこの歌が生まれたらしい。今やパリ・サンジェルマンが巨額のお金を出し、名だたる選手を集めてるのも気に入らない。マルセイユでパリナンバー付けてるとその車はボコボコにされたりする。驚くほど敵意むき出しなのです。巨人対阪神?ヤンキース対レッドソックス?みたいな感じでしょうか。もっと過激ですね。
  20. 有難うございました

    BS日テレの放送後、観てくださった方から沢山メールをいただきました。感謝いたします。一年前の映像は確かに顔が幼かったしできないこともいっぱいあった。私も兎に角つきっきりでした。一年で私たち家族も変わってきたなーと映像を観て感じることができました。素敵な番組を作ってくださったスタッフの皆さん、そして撮影に協力してくださった全てのに感謝しております。私たちはたくさんの方に支えられているんだなぁと胸がいっぱいになりました。
     
  21. 寂しい

    あーあ、もうベルギーの面白いサッカーが見られなくなると思うと寂しいな。何回も点入れられなかったけどルカクをもう少し観たかった。強くてうまい選手が一人一人の持つ間を分かりきっているチームメイト。カウンターの見ていて気持ちいいこと!あっぱれです。
    さーて、残すところは決勝戦。ゾクゾクします。
  22. 早速

    シャンプーしてあげた。大変な暑さですね。蝉の声。
    早速いっぱい甘えてきまーす
  23. 感動

    この二つの映画感動しました。
    ジャンヌバリバールはお友達で彼女のお家でテールスープをご馳走してもらったことがある。今は別れているマチューアマルリックが作品で彼女を撮る。ジャンの素敵な姿を撮るマチューに彼女をリスペクトしている愛を感じた。二人の素敵な関係


     
  24. なぜ

    市場の肉屋さん、鳥とウサギは必ず頭も付いている。何でだろう



    地元の野菜。夏の風物詩の細長くて甘くて柔らかいピーマン

    捨ちゃん、恋しいな
  25. 去年

    「アザー・デザート・シティーズ」の舞台中。中嶋しゅうさんが突然この世から去ってしまい、悲しみにくれながら斎藤歩さんが代役をしてみんなで必死だった時、Mr.Mがカンピロバクターが原因で腸重積となり夜中の腹痛で病院を回った。造影剤を入れなんとか腸の形が治ったから手術をしないで済んだけど、お腹のリンパが風船のように膨れているのがみえて怖かった。本当に。辛そうで。病院から私も劇場に通った。原因は夏の鳥わさでした。私が食べるはずだった鳥わさをMr.Mが一気にかきこんだ。“これ、美味しい”と言って。罪悪感。夏場の鳥わさはかなり危険らしいです。“鳥は夏場、熱を絶対通してください。”とお医者様に言われました。しゅうさん、もう一年ですか。一年前を振り返りました。