column

ARCHIVES
  1. アートピース

    だそうです。"もったいないことしてー"
    と、第一声に言ってしまう、私のつまらない感性。
    よく見ると本当に素敵。アートとは大体もったいないことの集まりですからね。自粛でヘトヘトだと、こういう、自発的に生まれた感性をキャッチし損ねそうになる。いかんいかん。
  2. 朝から

    マハーバーラタ。葛西アナウンサーの解説と眞秀の物凄くマニアックな解説付きで。"あっ、ここにいるの音蔵さんだよ""あっ、ここで踊ってるの音吉さんだよ"  彼なりのキャッチ力が面白い。"みんなこのお芝居に出てる人おでこに水イボがついてるんだよ"って、ちがうよ!インドのお話ですからね、これは。今までずっと水イボだと思ってたんだと思うとおかしい。
  3. 又初めから

    見る。眞秀の解説付きで、私ももう一度見る。

     
  4. かっこいいこと言う

    cleoが日本を離れた。昨日のフライトはカナダ行き便たった一便。空港はシーンと静まりかえっていたようです。cleoが帰る日、日中はずっーとcleoにくっついて離れない眞秀。でも夕方からはだんだん距離を取り、最後バイバイする時は、テレビを見出して送ることもしない。そんな気持ちを一番わかっているcleo。そんな彼女も5歳の時から日本とフランスを一人で行き来して、帰りに空港でハグしたあとは絶対に振り返らない子だった。たくましいなぁといつも感心していた。今回は、私が一番情が移ってしまって、でもうちから送り出す時は笑顔で別れようと思ったけど、やっぱり"thanks a lot ,you gave me a tons of power"と言ったら2人とも泣き出しそうになってしまった。テレビを見ている眞秀を何とか玄関先まで抱っこして行き、最後は彼らのお決まりのタッチをして別れた。
    暫くの間。2人だけの時間。YouTubeを見ている眞秀に背中向きで"眞秀、お母さん、なんか、寂しいなぁ。cleo居なくなっちゃってさぁ"と呟いた。すると、いきなり、私の懐に来て、抱きついて、抱きしめてくれた。いつもはハグしてと言っても照れて絶対やってくれないけど、昨日は思いっきり、無言で抱きしめてくれた。もういいや、泣いちゃえ、眞秀の胸で思いっきり泣いちゃえと彼を抱きしめながら泣いた。
    又暫くして、2人でお風呂に入り。眞秀が今日の一番嬉しかったことを話す。私は"今日は、眞秀が抱きしめてくれたことがお母さん、一番嬉しかった、有難うね"と言った。すると、"うーん、あれはね、僕の体が勝手に動いたの。"と。かっこいいこと言うじゃないか。なんか、良い1日の終わりだった。


  5. merci

    cleoのシェフに眞秀のお運び

    オントレはカプレーゼ。オーブンで焼いた生ハムチップスが一味効いてる!

    リコッタチーズのニョッキにほうれん草ソース。朝からこねこねやってました。

    で、デザート。ガトーバスク。紙に13まで^_^もう、泣けてきた!

    どれも本当に美味しくて、有り難くて、感謝。

    持つべきものは、娘だね。
    娘も産みたかったなぁと一瞬思ったけど、私の幼少期と同じだったら、やっぱり厄介だな。
    cleoのお母さんに感謝だね。本当にしっかりした自立した何でもできる良い子に育ててくれたね。はあー、帰らないデェー。

    寝静まり、私は久々に「愛していると言ってくれ」を見ている。やっぱり、これ、本当に、傑作だと思います。と1人の夜中を楽しんでいたら、眞秀の部屋から"cleo!il(本当はtu)est ou!!!"って、フランス語でcleo!どこにいるの!と叫び声。
    フランス語で寝言だ。びっくり、大きな声たまげたよー。
    寂しいんだね、帰っちゃうのが。
    と思ったら、起きてきた。夜中だよー。

     
  6. こんなぁ

    時代もぉーあーったねとー
  7. 13年目の結婚記念日

    13年前。天気はものすごく変でした。晴れ男のローランの方は快晴、雨女だった私がいる方は今にも雨が降りそうだった。これから、行われる原美術館での屋外ウェディングを心配する母を思い出す。ローランはまだ髪が茶色い。

    ママンも若いなぁー。cleo、この日は泣きまくっていた。

    15年前、外国人恐怖症の私がなぜか、ローランの展示会に行っていた。親友は今でも、私がなぜ外国人と結婚したのか、七不思議だと言う。私もそう思う。

    眞秀はこの中に確かにいた。水着を着てたのにヌードに見える。

    こんなちっこかったっけ。

    今や、寝癖が気になって、自分でハサミで切って、ハゲが出来ちゃった。。。

    まっ、まだまだ前途多難なグナシア家、全く、安定がないグナシア家ですが、何とかやっていきたいと思います。

    本日はcleoシェフが料理を振る舞ってくれるそう。しっかりおめかしして、ドレスコードはフォーマルを指定されてしまった。化粧するのいつぶりだろう。。。ちょっと面倒だけど、やってみっか。
    なんか、いろんなことが、面倒だなと思うくらい、lazyになっている。撮影もない今、社会復帰できるのだろうか。終わりの見えない日々の生活に不安になりつつも、何にもしなくなって、太陽は昇って、沈んでいく。鬱々としないで、太陽の光を浴びて、1日1日を過ごして行こう。
     
  8. 日々

    刻々と緊急事態宣言解除の日は近づいてくる。未だ苦しい状態は続いている。はなまるマーケットに何度かお邪魔させていただいた岡江久美子さんが亡くなり、悲しくて。もう何だか毎日亡くなる方を考えるたびに胸が苦しくなって昨日はチリチリ、メソメソしていた。
    そんな私を見て、ローランが苦しいくらい私を抱きしめる。"iTs gonna be ok.僕たちは幾度となく困難を乗り越えてきた。大丈夫。大丈夫。"そしてまほろを呼び"ママンをハグして"と言って3人で固まる。"cleo、来て!"と呼び4人が団子になる。そしてcleoが"26日は結婚記念日でしょ、おめでとう!"と言ってくれた。2人ともすっかり十三回目の結婚記念日を忘れていた。
    大丈夫って言ってくれているローランはすべてのイベントがキャンセルになり、私より絶対大丈夫じゃないはず。そんな中、大丈夫と言える彼を久しぶりに見直した。私がギリギリのとこまで行くと、必ず引き上げてくれる。十三回目の結婚記念日を又越えられそうな気がする。家族一丸となって、乗り切ろう。
     
  9. ボンキュイジニエーズ

    毎回、美味しい料理を作ってくれるcleo.帰らないでぇー。
  10. 生活音

    一時間でいいから、無音のところに居たい。テレビの音のない、バタンバタンの音もない。シーンと静まり返った時間。とにかく、シーンとした時間
  11. 映画三昧

  12. 物真似シリーズ

    空手オリンピック代表の喜友名諒選手、だそうです。

    はー、子供を持つみなさんはどうされているんでしょう。遊びたーい!と泣きながら叫ぶ眞秀。可哀想だなぁ
     
  13. ペットショップ

    ペットフード売り場を除くペットショップは休業対象。ボーダーラインギリギリのペット達はどうなるのだろう。大きくなっちゃうと売れなくなってしまう。そんなペット達の行く末が、心配。
     
  14. フランス語の先生

    cleoとフランス語の勉強。
  15. 今日も朝から

  16. 拡散

    日々コロナについて色々な情報が飛び交うと、もう、何を信じていいのやら。こんな時だから、自分をしっかり持たないと、壊れてしまう。
    フランスにいるローランのお母さんも、周りの人や親戚からいろんな情報を植え付けられて、うんざりしている。一人暮らしのままんをみんな心配して言うのは分かるけど不安なところにさらに煽るような情報は精神的に良くない。ローランの妹はスイスに住んでいるのだけれど、これがローランと真逆の性格というか。娘がお母さんを心配するのはもちろん分かるけど、こうした方がいい、ああした方がいいと言われているらしい。中でも、"イチゴは絶対洗剤で洗ってから食べて"と言われたらしい。えー、そうなの?中国では野菜などを洗う専用の洗剤があるのは聞いたことがあるけれど、フランスではそんなのないから普通のキッチン洗剤で洗っているということだろう。そっちの方が体に悪そう。
    海外でも色んな情報が飛び交っている。
    今こそ、自分自身の人間力が試されている。

    一方自然界では、ヴェネチアの川にイルカが泳いでいるとか、人工衛星から見て、CO2の排出が激減しているらしい。

    地球に優しく、どう共存していくか。
     
  17. あかずきんちゃん

    だそうです
  18. どっどっドリフの大爆笑

    日曜の夜はこれが楽しみになりました。

    私はまさにドリフからオレたちひょうきん族に移り変わるその時代を生きました。

    たけしさんやさんまさんが志村けんさんについて語られているのを見ると、あの時のテレビをものすごく楽しみにわくわくしていた自分を思い出し、寂しい気持ちになる。

    コロナにも勝たないといけないけれど、それに伴う色々な問題が同時に併発していくのだろう。鬱であったり、家庭内暴力、家庭内離婚、虐待、自殺。兎に角皆んながばかばかしいことにゲラゲラ笑って、ハグしてキスして、ポジティブに前を向ける日が来ることを願うばかりです。
  19. お風呂あがりに

    小曽根真さんのご自宅でのライブ演奏を聴き、癒される。
  20. 中国語聞いてたら

    眞秀に京劇も見せたくなってきたなー。
    あと、"變臉 この櫂に手をそえて"という映画も良かったなぁ。このご時世、インターネットで観たい映画が映画館にいかなくても観られてしまう。便利だけど、映画をやっている人間にとったら、映画館を心配してしまう。特に若松監督も大切にされていた、ミニシアターの存続。この存在は絶対に消してはいけないと思う。
     
  21. 大流行

    霊幻道士が突然観たくなり。
    流行りましたねー、キョンシー。懐かしい

     
  22. ローランさん買い出し

    ナショナルは入るのは20人まで、それまでは入るまでソーシャルディスタンスを守り、入り口ではアルコールをかける人までいる徹底ぶり。でもあまりに、長蛇の列すぎて危険だと、明治屋へ。明治屋さんは普通通りで、週末ということもあり、中はごった返していて、これまた危険だと、回避したそうです。
  23. アップルパイの虜

  24. さすが

    フランスのいい、まんまになることでしょう。

    "このうちにはめん棒もタルト台もないの!"と怒られてしまった。

  25. これは

    いいと思う。