column

ARCHIVES
  1. どんより

    お天気悪いですね。でも、久しぶりの大降りは良い気もします。Mr.Mは今日も初日に向けてのお稽古です。昨日は仁左衛門さんのおじさまから"自信を持ってやりなさい"と優しくお声がけいただいたそうです。それが嬉しかったのか"今日はもうちょっと頑張る!"と言って楽屋に入って行きました。明日からは舞台でのお稽古なので私も観たいと思います。歌舞伎座の外で今日も1日頑張れますようにと願うばかり。。。。
    昨日の和史くん、しっかりとにこにこと受け答えして立派でした。道が決められるということは素晴らしいことでもあるけれど苦しいこともあると思います。でも、無敵なDNAを備えた和史くんはきっと完全無欠の歌舞伎役者になることでしょう。頑張って欲しいです。

     
  2. 次は

    これ!
    http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/cinranet/entertainment/cinranet-https_www.cinra.net_news_20190222-poisondaughter
    またまた、寺島しのぶって怖い!って思われちゃうのかな。
    まっいいや。やりたいものを悔いなくやるべし!

     
  3. 夜中

    https://www.oricon.co.jp/news/2130359/full/
     
    やはり、時差があり眠れません。二日目は特に大変なんですよね。がんばって寝るもんじゃないし、自然に任せようっと。
     
  4. 帰国後

    早速帰国後菊之丞先生へ。ここはどこ、わたしはだれ。
  5. こんなこと

  6. 無事終了

    終わりました。村上春樹さんご夫妻が見守ってくださる中、大盛況で終えることができました。
    満杯のスーツケーツに、このパリでの素敵な思い出をところどころにいっぱい詰め込んで帰ります。
    東京に着いて荷出しをするとき、その行ってきた国の匂いがする気がするのがわたしは好きです。一瞬で、「さあ、荷出しだ」という現実的な気持ちに戻るのですが。
    さあ、帰ろう。帰ったらMr.Mはまもなく初日。頑張れ。


    ふて助も捨助に戻さなきゃ。


    そして、ローランにも、感謝をしないと。家族をおいて海外で仕事をするのはきつかったけど、やはり、コリーヌ劇場でやる価値、わたしのこれからのキャリアを伸ばそうと後押ししてくれたのはローランです。仕事をしてない忍は忍じゃないんだそうです。
    兎に角、早く、帰りたい。バイバイParis. Merci et a bientot.
  7. テレビ

    セーヌ川を船で進みながらのトークショー。オシャレだな。喋ってる間ずっと景色が変わってる。


    隅田川でみうらじゅんさんといとうせいこうさんのトークショーみたいな。
  8. ひどい花粉

    なんか、東京、花粉が風で舞って酷いみたいですね。Mr.Mかわいそうなくらいグジュグジュです。はやく飛んで帰りたい。どこでもドア、ドラえもんにもらいたい。パーマンのコピー人形をもらいたい。。。

    今日パリ公演千秋楽です。

    最終日はなんと村上春樹さんご本人のトークショーつきでございます。
    キャストも早めに劇場入りして拝見します。
    パリは良いお天気続きです。最後の一回、神経を研ぎ澄ませて臨みたいと思います。この芝居、セリフの量とか少ないのですが、尋常でないくらい精神が疲れます。まだまだ問題山積みです。東京公演頑張らねば。
  9. 散策

    フランスもオーガニックブーム。美味しいアボカドタルティン頂きました。


    こないだ閉まってた市場。カツ丼とかありました。市場の中にレストランがたくさん。




    今日はいろんなギャラリー巡りをしました。



    この方の作品、好きだな。繊細でポエティックで。
    さっ、あと二回。気合だ。
  10. ふてすけ

    病院に行き検査したものの、結果はあまり変わらず、ストレスによる下痢と診断されたようです。私に依存している忠犬捨助なんで、いないと寂しいんだろうなぁ。完璧にふて助の顔をしています、あと少し、あと少しだから、待っててねー。飛んで帰るから。ぎゅっと抱きしめるから。bisoubisoubisouするから。

    十四歳。頑張ってます。
  11. 寝不足

    完全なる寝不足です。もう、時差とか関係なく眠れる時間に刻んで寝るしかないな。ステちゃんも、あまり具合がよくないらしく病院へ。Mr.Mもやることやってるかなと気になる。日本時間に合わせて起きると完璧に眠れない。でもしょうがない。これが人生。危ない舞台だから、集中しなければ。
    スタンディングオベーションに興奮し、帰宅は23時半。帰ってクールダウンするうちに東京は夜が明ける。FARBOでステちゃんの様子を確認する。少し寝る。。寝たい。寝なきゃ。。。
  12. uber

    フランスはuberが便利。地下鉄は少し物騒なことも起きているので敬遠して。
    昨日はpoolというボタンを押してuberを頼んだ。pool.これは、同じ行き先の人とシェアしての相乗りのことだった。後ろは素敵な老夫婦。2人の仲睦まじい会話やスキンシップが素敵だなぁと思った。


    旅は道連れ世は情け。
    たぶん、僕たちの人生は偶然の出会いに支えられている、っていう事だと思う。簡単に言うと。"海辺のカフカ"より
  13. 旧友

    フランスの友達。アーティストの清水紀子さん。と津由ちゃん。

    久々の再会でした。



    津由ちゃんの作品がお家のいたるところに置いてあります。tsuyu bridwellで彼女の作品は見られます。

    昔パリの中を電車が通っていた。その線路の名残。
  14. 大坂さん

    初戦の敗退。早くまた素敵なコーチを見つけて新たな大坂なおみさんを見たい。
    頑張ってください。
  15. 昨日は

    お客様凄かったです。ものすごい集中力で観てくださっている空気を感じました。1回目でのスタンディングオベーション、そして四回のカーテンコール。フランスのお客様、温かいです。
    https://mobile.twitter.com/butai_kafka/status/1097930536025112577/photo/1
  16. 皆さん

    皆さんに助けていただき、頑張れ。
  17. 三月の歌舞伎座公演。今日は、「近江源氏先陣館~盛綱陣屋」の小三郎の鎧合わせです。この鎧が着たかったそうです。
    勇ましい小三郎ちゃんになれますように。
  18. フランスのテレビ

    どのチャンネルを回しても兎に角議論をしている。サッカーでも政治でも、必ず六人くらいで兎に角自分の主張をする。同時に喋る。言葉とか分からなくても人間の持つ個性がすごすぎて見入ってしまう。よくもまあ、こんなに喋れるなぁと感心してしまう。
  19. 混乱

    初日直前にローランからmerdeというメールが来た。日本語ではくそ。merde は英語で言うsitという汚い言葉です。この言葉に私はかなり混乱しました。なんかしたかなー、劇場につけなかったのかなー、Mr.Mになんかあったのかなー。頭でいろんなことを考え始めました。
    違うんです。フランスでは初日にはgood luckの意味でmerdeと言うそうです。日本の運と一緒なんだ。
     
    でも、この一字を説明なしに送ってきたら、混乱しますよね。全く。

    今日は何十年来のお友達と再会。sonという韓国料理に連れて行ってもらいました。かなり、美味しかったです。

    残念ながら月曜は閉まってましたが美味しいものがたくさんあるようです。別日に来よう。

    フランスではほとんど犬がノーリード。お店の前にというかほぼ道の真ん中に鎮座していた綺麗なワンコ。

    パリで今人気の北海道から来たパン屋さん。バゲットしか食べないフランス人がここのモチモチ食パンだけは並んで食べるそうです。月曜は閉まってるお店が多いです。でも、楽しい散策でした。
  20. 寂しい

    ローランとMr.Mが帰国。なんか、寂しいな。“enjoy!”とローランは言うけれど、Mr.Mのこと、捨ちゃんのこと。心配は尽きない。。。“しのぶの心配は趣味だね。”とローランにも言われてしまう。
     
    毎公演、何回ものカーテンコールがあり泣きそうになります。1幕の終わりでも拍手がなります。結論のない話は本当にフランス人は好きなんだなぁ。わかりにくいものを好むフランス人。わかりやすいものを好む日本人。
  21. なぜ

    http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/chiba/region/chiba-20190217083346
    こういうニュースは本当に辛い。苦しい。
  22. 初日

    四回のカーテンコール。感動しました。
  23. Mr.M

    初日前の昼間の場当たり稽古中。ジーッと客席で観ていたMr.Mが突然舞台に上がりそうになり、
    隣にいてくれたマネージャーかおりんがそれを阻止しようと
    もみ合いになったそうだ。
     
    その後の休憩中、私に抱きついてきた。
    これくらい強く抱きついてきたのは舞台"秘密の花園"の終演後以来。
    しかも、席を飛び越えて舞台に上がって来ようとしたのはこれが初めての事。
    それも、ふざけてではなくもの凄い力で必死に、行こうとしたらしい。
    もちろんマナー違反ですし、初日はおとなしく観ていました。
    が、なんか、それとは別に感動している私もいる。


    完全に悪者になってしまった、かおりんには申し訳ないけど、
    その行動はカフカとの関係が深まっていこうとしたその時だったらしい。
    "カフカにお母さんを取られる!"と思ったのかもしれないし、
    "お母さんが違う世界に行っちゃうから連れ戻そう!"としてくれたのかもしれない、
    あるいは、自分がカフカになっていたのか………。
    Mr.Mのどこかに触れたらしい。
     
    楽屋に来て抱きついてきたMr.Mに
    "お母さんがMr.Mの歌舞伎見てて、いきなり舞台に上がろうとしたら
    それはダメでしょ?"って言ったら、はっとした顔になったから、夢から覚めたらしい。

    感性は、止められない。
  24. もぬけ

    四回のカーテンコールの中幕は閉まりました。感動です。
    ゲネプロができず本番一発勝負の中、時差で頭がボーっとするなか、自分に鞭打って頑張りました。
     
    ローランも友達もみんな感動してくれました。
    でも、疲れたー。
  25. 恋しい味

    衣装の前田さんはいつも美味しいものを“食べてみて!”と自信を持って進めてくださる。辛党の私は前田さんの趣味に合う。以前、「ヘッダガブラー」の時は稽古場に缶入りの高山かきもちを差し入れてくださった。塩が程よくやめられない。
    舞台稽古の昨日はみやび堂の山椒がピリリとくる絶品せんべい。"小分けじゃないとダメなのよ"だそうだ。パリの地でせんべいを食す。美味しい。何よりも美味しい。日本人だと実感する。実感して日本人として、恥ずかしくない舞台を誇りを持ってやろうとさらに実感する。パリはパリで昨日は社長の万由美さんがくださったANGELINAのマドレーヌ。これが、程よい甘さで疲れを癒す。こんな美味しいマドレーヌ食べたことない。
     
    明け方の5時。時差ボケ真っ只中。スヤスヤ眠る2人が羨ましい。こんなに起きてて初日持つかどうか心配ですがやるしかありません。やるんです!やっちゃうんです。すり鉢状にそびえ立つコリーヌ劇場は完売だそうです。兎に角危ない舞台。怪我だけはみんなしないで無事に終わりましょうね。