column

ARCHIVES
  1. '10.02.27 銀熊

    待望の銀熊ちゃんがやってきました。
    感無量です。
    舞台上で皆に祝われ最高でした。
    窪塚くんだけは、銀熊にタッチしませんでした。
    「貰うまで触らないって」
    史上初の日本人男優、銀熊ゲットを宣言しました。
    かっけーぞ!

    1.jpg
  2. 10.02.26 ニュース

    とんでもないニュースをみました。
    ブラジルで分娩中に、医者同士が取っ組み合いになり
    赤ちゃんを窒息死させて、死産させてしまったというニュース。
    ありえないでしょ、そんなこと。
    あり得ないっていうか、親たちはどうしたらいいのでしょう。
    腹立たしいし、やりきれない、どうしようもなく悲しいニュースでした。
    児童虐待と、動物の悲しいニュースは本当にいや。
    弱者を、しかも生んだ親が、飼い主がそんな目に遭わせるなんて。
    許せない。絶対に。


  3. '10.02.26 フィギア

    ノーコメント。
    完全勝利に真央ちゃんは負けた。
    世界二位だって凄いことなのに、
    悔し泣きをしている真央ちゃんに私は泣いた。
    負けを認める勇気、そこからのし上がっていく強さ。
    それは負けなきゃわからないことだから。
    劣等感は人を強くする。更なる飛躍にばんざーい!
    そして安藤美姫さん鈴木明子さんも素晴らしかった。
    やっぱり私、フィギア好き。


  4. '10.02.26 肉食系

    ばこっ!どすっ!ばーん!女の格闘技。
    アメリカ対カナダのアイスホッケーを見ています。
    容赦なくゴールを巡ってぶつかり合う肉食系女子。
    あの体格を見たら日本は絶対かないっこない。
    そりゃー毎日肉ばっかり食べてんだもんなー。
    基礎体力は、絶対的にかなわないんだよなー。
    じゃあ日本がかなうスポーツって何だろう。やっぱりカーリング?


  5. '10.02.26 あー眠れない

    何だか眠れない。
    明日の真央ちゃんが気になってるから?
    明後日、若松監督と大西君が銀熊ちゃんを持ってきてくれるから?
    それとも千秋楽が間近だから?
    うーん、今日は休肝日にしたかったのになー。
    ルービーのもーっと。


  6. '10.02.25 舞台って

    後、五回公演です。
    12月の寒い時期に始まり、今やもう春の香りがしてきました。
    思えば初めてみんなが稽古場に集まり、ちょっとずつ信頼を深めて初日を迎え、
    今やどこにも負けない、最強のカンパニーになりました。
    映像は瞬発力、舞台は持続力。
    嫌な雰囲気になっても、兎に角続けなくてはいけないのです。
    これまでの舞台で、色々な人間関係を学びました。
    舞台とは、舞台上だけでない人と人との結びつき。素敵だ。


  7. '10.02.24 リベラシオン

    友達のlaurentが、フランスでは日常紙の新聞「リベラシオン」に
    私のことが載ってると送ってきてくれた。
    映画も素晴らしく、寺島しのぶの芝居がamazingだと書いてあった。嬉しい。
    昨日は家をお掃除してくれてる、フィリピン人のレスリーが電話してきて、
    何か家で起きたかと心配したら「おめでとー。凄い凄い」って。
    イタリアからは、友達のマリオとゆみこが、NYからはお世話になってる倉岡さんから、
    フランスからはもちろんローランの多くの友達からお祝いメールをもらいました。
    世界の賞ってやっぱり凄いんだなー。

    2.jpg
  8. '10.02.24 美の決戦

    始まりました。
    真央ちゃん!素晴らしい演技でした。
    トリプルアクセルばっちり決まったし。
    しかし、キムヨナはその上をいってしまった。
    女王の貫禄、スタイルの良さ、表現力の豊さ、衣装、曲の構成すべてが相まって、
    得点も真央ちゃんのはるか上。
    二人とも完璧な滑りで、ここまで差が付くとうーん、ちょっと厳しいのかなー。
    頑張れ!


  9. '10.02.23 いよいよ

    いよいよ始まりますねー、フィギアスケート!真央ちゃんガンバレー!
    私は、フィギアとシンクロを見るのが大好きです。
    技術だけでなく、表現力も競うから。表現が得点になるから。
    キム・ヨナは真央ちゃんのようにトリプルアクセルは飛べないけど、
    ジャンプのスピードの速さ、そして高い表現力で本当に美しい。
    かつてのドイツのカタリナ・ヴィットという選手も、とっても美しく、
    真っ赤な衣装でカルメンを踊ったことを今でも思い出す。
    衣装も、どうして海外の選手はセンスがいいんだろう。
    シンクロでは断然、フランスのビルジニ・デデューでしょー。
    兎に角、美しい。
    あの当時、彼女にかなう人は誰もいなかった。鼻栓をしないのだから。
    本当に人魚みたいだった。美しい女性は、同性でも見とれてしまう。


  10. '10.02.22 大阪

    東京の千秋楽から夜飛行機に乗り、2日間だけベルリンで取材して
    あっと言う間に大阪の劇場入り、そして嬉しい発表を聞き、そのまま舞台初日。
    あっと言う間に、また夏美ちゃんになってる私。
    でも私やっぱりこの芝居好きだぁーーーー。

    3.jpg
  11. '10.02.21 銀熊ちゃん

    銀熊を若松監督と大西君が貰ってくれました。
    ライブで見ていて、私の名前が呼ばれたときに初めて信じることができました。
    若松監督が大阪まで来てくれて、舞台上でsilver bearを渡して下さるそうです。

    4.jpg
  12. '10.02.21 幸せです

    本当に本当に嬉しいです。
    若松監督に呼んでもらえてよかった。大西君とできてよかった。
    そして若松組のスタッフさんとできて良かった。
    皆の魂の結晶です。私はこの日を忘れません。
    そして日本の人達。賞が全てではありません。
    まず世界の映画祭のコンペティションに選ばれたという事実。
    これをまず評価するべきです。


  13. '10.02.19 まちぼうけ

    はいでましたー、エールフランス。パリで待ちぼうけ食ってます。
    一度たりともオンタイムで出たことないんだから。
    大阪に着くのは遅くなっちゃうなー。着いたら劇場直行で舞台稽古だし。
    でもフランス映画やれることになりそうな気配。
    気配ですよまだ。ということは、フランス留学するか!je dois parler fraincais.!!!!!


  14. '10.02.19 last night

    5.jpg

    今日は取材の後、みんなでジャーマンレストランへ。
    有り得ない量の山盛りソーセージにがっつきました。
    運んでくるウェイトレスさんが、アンナミラーズみたいな服着て運んできてくれる。
    おっぱいでかいし。
    若松監督も大西君も嬉しそう。
    どんな映画が賞を取りそうだとか、噂もちらほら。
    何だか免許取得の電光掲示板を待ってるドキドキ感。
    何が嬉しいって、一つのことに皆で今ドキドキしてるってこと。
    その場を共有してるってこと。
    ローランママもインターネットで批評を見て、嬉しくて電話してきてくれた。
    私は皆に愛されてる。そしてみんなを愛してる。
    こんな場にいれてる自分が本当に幸せだ。
    取れたって、取れなくたってわかちあえる仲間がいる。


  15. '10.02.18 レッドカーペット

    6.jpg

    レッドカーペット歩いてきましたよん。
    一般の人から声をかけられて感動。

  16. '10.02.18 ベルリン映画祭

    着いてすぐに取材取材。
    疲れなんて感じてる暇ありません。

    7.jpg
  17. '10.02.17 ベルリン到着

    着きましたよー、ベルリンに。
    マイナス五度!
    早速エールフランスが、ヘアメイクさんのバックを紛失して、てんやわんやです。
    これは"自由!"じゃない!!!

    8.jpg
  18. '10.02.17 la liberte

    Air Franceに乗ると本当に面白い。
    皆、"自由!"。アテンダントさんも髪の毛結んでない。これも"自由!"。
    髭もじゃのジューイッシュおじさんが、機内で出発寸前まで携帯で喋ってる。これも"自由!"。
    しかもアテンダントさんは近づいてって、やめさせるのかと思ったら
    "もう少し静かに喋って下さいって。"えーーー!?これも"自由!"。
    ローランは、機内食が不味いって文句言いに行ったし、これも"自由!"。
    フランス人は思ったことをやる。"自由万歳!"
    寺山さんは、フランス人に憧れてたのかなー。


  19. '10.02.16 ベルリン映画祭

    嬉しい。「キャタピラー」の上映が行われました。
    ベルリンのお客さんは、standingだったそうです。
    共演者の大西くんからメールが来ました。私も今から行くからねー!
    神様ー!若松監督に"金熊賞"を与えたまえー。


  20. '10.02.15 ロウソクパーティー

    千秋楽前日。
    我が家の日課"ロウソクパーティー"
    いくつものキャンドルを焚いて、踊りまくり飲みまくりシェケナベイベー。
    明日の芝居は無心でいくために。

    9.jpg
  21. '10.02.15 毒

    なんか出てきたなあー。毒が。
    出てきてる自分を感じるなー。
    いかんいかん、しまってしまって。


  22. '10.02.15 輝き

    アイドルと言われる人たちの”スターの輝き”って何なんだろう。
    剛君だって、稽古場ではとても静かなたたずまいだったのに
    板にあがった瞬間から、めきめきと輝きを放っている。
    映画「東京タワー」で一緒だった松潤だって、
    コンサートの時とか、これが”華”って言うんだなって見せつけられるし、
    斗真君だって、やはり選ばれたものの責任感が漲っている。
    普段は皆、素朴でチャーミングで普通に喋るのに。
    いざスポットライトを浴びると、何か化学反応を起こして光を放つ。
    キューティーハニーの変身シーンみたいに。
    一緒にやってるときは、役に集中してるし分からないんだけど、
    自分の出てないところとか出来上がったものを見ると
    “ははー。こういうことかあー”と感心してしまうのです。
    光を浴びたときの彼らの責任の取り方は、ハンパなく素晴らしいと思う。


  23. '10.02.03 家族孝行

    へっへー、つかの間の夏美さんのお休み。
    今日は料理当番を買ってでましたぁー。
    プレバスケーズ(バスク地方のトリの煮込み料理)と
    生クリームとケッパーソースの卵とジャガイモのサラダ!
    ちょっとー!天才的な美味しさでしたよ。
    今日は、わんころの為の、手作りスープも作れたし
    久々に家族孝行できたな。
    明日から、又、夏美に変身だからすんませんけどよろしく!
    しかし、毎日あの夏美のせりふを口に出せる私は幸せもんだなぁー。

    15.jpg
  24. '10.02.15 義理チョコの説明

    14日のバレンタインに向け、チョコレートケーキを作りました。
    ダーリンの分プラス、芝居で一緒の18人の役者さんのために。
    そこでまた問題勃発!
    ローランには、何故私が18人分作っているのが意味が分かんないらしい。
    「lovdは一つ!!」って叫んでる中もくもくと無視して作ってる私。
    18人分は大きなお皿で、ローランにはハート型の中ぶりのケーキを作って
    それプラスプレゼントで特別扱いしてんのに。
    でも、こっそり剛君と窪塚君にはちょっと特別扱いで、
    小振りのハートで作ってたら「何で二人だけはハートなんだとか」怒りだし。
    もーめんどくせー。
    ケーキを作り終わって、その後三時間ほど日本の「義理チョコ文化」について語り合った。
    それでもローランは意味が分からず、娘に電話したらクレオも完璧父ちゃんの味方。
    一緒になって攻められたし。
    ちきしょー、この二人がタッグを組むと無敵なんだよなー。
    でもこれが私のやり方。だめっすかぁー?

    10.jpg
  25. '10.02.14 st!valentine!

    気付いたら後二回で終わりじゃん。
    大阪の劇場は後ろの扉が開かないので、後二回の見納めだ。
    しかも明後日にはベルリンに向け飛行機に乗ってるし。
    映画祭用に着物も選ばなきゃいけないし。
    大阪直接入るから、その分の荷造りもしなきゃいけないしと。
    犬も実家に預けにいかなきゃいけないしと。
    何だかせわしなくなってきたなー。
    芝居は、未だ奇跡的に鮮度を保ててやれている。
    これは本当に奇跡的です。いい意味でも悪い意味でも不安定だからね。
    まさに狙いどうり。でも難しい。
    映像では一人で変わっても変化が見えるけど、
    舞台だと一人変わっただけじゃあ、何も変わって見えないんだよなー。
    すべてのミザンセーヌを変えて、初めてお客さんに分かるから
    舞台ってやっぱり団体行動なんだよなー。
    もちろん自分の中でも変化はありますよ。
    昨日、ラスト三回にして今まで気づかなかった夏美を発見したし。
    何かどんどん夏美が愛おしくなってきたなー。
    まだまだ私の知らない夏美さんを発見してあげることにしよーっと。
    宜しくね。