column

ARCHIVES
  1. さよなら2015

    2015年の富士山も綺麗に現れてくれました。



    31日最後のディナーは、オイルフォンデュでございました。

    さー、2016年がまもなくやってきます。
    尖っていきますです。
     
  2. 年の瀬に

    28日は沢山の方が来てくださいました。
    友近さんもあおいちゃんも。
    そしていつもの常連メンバー様たち。
    年の終わりに皆さんに祝っていただき感激でございました。
    皆さん大好きです!

    29日はこれまた久々のメルローズにて学生時代の友達とどんちゃん騒ぎでございます。
    6時までカラオケで歌いつくし。
    楽しかったー。43歳にもなっているけど、基本皆、変わっていません。
    皆、大好きだぜ!

    30日は、りょなちゃんちでアペロに行きました。
    アペロと言ってもフランスの家ですから、結局は10時頃帰宅。
    シャンパンにフォアグラ、美味しいチーズにサラミ。

    りょなは2週間前に4人目を生んだばかり。
    それなのにそれなのに、料理をせっせと運び、
    いなくなったと思ったら授乳しに行き、なんてパワフル。
    1人でヘトヘトな私は、足元にも及びません。
    力をもらえる友達です。

    そして31日。
    いよいよ3年日記も5冊目になりました。

    それ以前はノートに書いていたので。
    よく続いています。
  3. バースデーイブ

    誕生日の前日は朝からクスクス作りです。
    去年は45本のシャンパンが空きました。
    今年はどうなりますことやら。
     
  4. サンタサン

    朝起きたら沢山のプレゼントが。

    私はサンタさんからデジカメいただきました。

    よーし、これでマリソルの連載の写真は任せておいて!

    捨ちゃんにはこれ
  5. フランス人は

    ろうそく好きっす




  6. メリークリスマス

    我が家は。



    ターキーです。



    さて、どんなことになりますやら。
    家中がターキーの香ばしいにおいに包まれて待ちきれなーい。
  7. 昨日の影響

    昨日見たアートピースがかなり気に入ったようで
    さらに進化しました。
  8. 庭園美術館

    庭園美術館に行ってきました。
    館内一つ一つが見事な作り。
    美術館はローランがいちいち説明してくれるので、一人じゃ見逃しがちなこともなく。





    Mr.Mが気に入ったアートピース。
    触りたいのに触れない。私もハラハラしましたが。
    監視の方も気が気じゃないらしく、Mr.Mのあとを
    くるくる追いかけてカバディみたいでした。
     
    よっぽど気に入ったらしく庭のカフェにてアートの開始。
    子供の吸収力は素晴らしい。

    ここは庭が広く子供にはパラダイスでした。
  9. 怒濤の12月

    あこめやにて。散財。
    12月はクリスマスに誕生日に大晦日にお正月の準備などなど
    もう、てんやわんやです。
     
    ローランと私は同じ誕生日のせいか、考えることが一緒のことが多く、
    プレゼントなどもよくダブります。
    エレベーターもよく行き違い、電話やメールもほぼ同時にしています。
    星回りって、やっぱりあるのかなぁ。
  10. トレーニング

    久々にトレーニング行ってきました。
    邪魔が入ってトレーニングになってるような、なってないような。



    背筋がピシッとなり、やっぱり樫木マジックだわ。

  11. 今朝の出来事

    Mr.Mを車で保育園まで送っていくとき。
    ふと、後何回で保育園も終わりかぁーとしみじみ。
    初めて連れていった時のこと、発熱して急いで迎えに行った時のこと、
    先生に子育てのことで親身になっていただいたこと、
    何だか一挙にフラッシュバックして、突然嗚咽して涙が滝のように出てきた私。
     
    びっくりしたのはMr.M.
    「どうしたの?僕、何にも悪いことしてないよ。ねぇ。してないよねー」と
    明らかに母の涙を見て動揺している様子。
     
    「世の中にはね、色々な涙の種類があってね、今の涙は感動したの」
    「感動って何よ」
    「何かね、大きくここまで育ってくれてありがとうねって思ったら、嬉しくなって涙が出てきたの。
    だからこれは嬉しい、楽しい、幸せな涙なの」
    「そっか、僕も感動したいなー」
     
    そっかー、まだ君は感動して泣いたことがないのだな。
    嫌なときとか不安だったり怒ってるときとか。
    初めて感動して泣いたMr.Mを見逃さないようにしよう。
  12. 一年で嫌だったこと

    ぜーーーーーんぶとんでけ~~~~。
    と思いながらアンフルラージュにて倉田さんの作るアートのオブジェです。
  13. 芸術的

    やはり素晴らしかったバルセロナのサッカー。
    何であんなにぽんぽんパスが通ってしまうのだろう。
    一級品を見た気がしました。
    ここにネイマールとメッシのがいたらなぁ。
    決勝は是非とも出ていただきたい!
     
    足が反対に折れ曲がった中国の選手は大丈夫だろうか。
    日本でいろいろな世界規模の大会があると、
    それにともなって沢山の外国人が日本に来るわけで。
    早速大阪でリバープールのサポーターによるコンビニ強盗が起こったり。
    治安が悪くなるのは本当に心配です。
    世界に何故24時間空いてるコンビニがないか。
     
    話は違いますが、この間久々に銀座の大通りを通りますと
    路肩に座って煙草を吸う中国人が鈴なり。
    あまりの状況に驚いてしまいました。
    安全で美しい規律を守る日本はなくなっていくのでしょうか。
  14. 澤選手

    現役引退お疲れさまでした。
    新しい人生で又きっと私たちを驚かせてくださることでしょう。
    そして澤選手のような選手が又日本から誕生することを願っています。
  15. げんなり

    あれだけ危ない!って言ってたのに・・。
    粘土をハサミで切っていてやりました。
    本人も血にビックリしたようで、「もうやらない、もうやらない」と
    ハサミをしまっていました。
    花火も触っちゃ駄目だって言うのに、いつぞやは火傷をしました。
    以後、花火をする度に「熱かったよね、指が風船みたいになったよね」と言います。
    ブレーキのない、足でこぐ自転車も坂道は降りてって言っているのに、
    激走して顔中擦りむけたり、その後はもう二度とやらないのです。
     
    思えば私もそんな子供でした。
    やらないと気がすまないし、やって気づくのです。
    まあ、逞しいのは逞しいですが、大怪我をしないように
    常にぴりぴりしている私は疲れています。
    しかも自分で作った傷を武勇伝のように保育園で自慢するので、私の肩身は狭まるばかり。
    「あららー」とにこやかに言ってくださる先生も
    "どうしてやる前に止められなかったんですか?"なんて
    心の声が聞こえてくるような気がして。
    はー。
  16. 世田パブ

    シスカンパニーの舞台を観に行ってきました。
    12月に相応しい、爆笑だらけの演目でございました。
    池谷のぶえちゃんとは、私も「トップガールズ」と「禁断の裸体」でご一緒しましたが、
    この舞台でやっぱりこの人凄いわ!と実感いたしました。
     
    いつも元気はつらつの北村社長。
    自ら受付でチケットをさばき、稽古中は毎日稽古場で仕事をしてらっしゃる。
    そんな芝居に対してのすさまじい情熱がある社長はいるでしょうか?
    来年ご一緒出来ること、とても楽しみにしております。
  17. FIFA

    やっぱり良い試合をしても敗けは敗けなんだよなー。
    あんなにチャンスがあったのに。
    チャンスは必ずものにしなければいけないと、
    またスポーツから学ぶのでした。
     
    レベルは全く違いますが、ハンドボール時代は速攻で外したり、
    ポストの選手が外したりすると怒鳴られてたなー。
    ハンドボール久々にやりたいなぁ。
    さあ明日のバルサ、楽しみ。
  18. バルサ

    いよいよバルサが来日。
    ワクワクしますが、ネイマールが出場できるかどうか微妙のようです。
    前の髪型の方が素敵だったなぁー。
    メッシの神業が日本でも見られるなんて。
    そして噛みつきスアレス。
    愛情表現や何か気に入らないことがあると、
    本能的に噛みつく子供はいますが、スアレスは。
    あとにも先にもマイクタイソンとスアレスくらいしか私の記憶にはありません。
    噛みつきがあまりにも有名になってしまったスアレスですが、勿論世界屈指の選手です。
    捕まれてもどんな体制でもどんな角度からでもネットを揺らす。
    兎に角、点をとる貪欲さが見ていて気持ちがいい。
    観に行きたいなー。
  19. GPファイナル

    三位の宇野選手のフリーの演技は涙が出てきました。
    表現力が素晴らしい、高橋選手のようになっていただきたい!
    そして一位の羽生選手の涙。
    物凄いプレッシャーを自分に課していたに違いありません。
    感動しました。まだ21才なのに。
    でも心身ともに耐えられるのは20代なのかもしれない。
    リカバリーも早いし。
    40代になると要領を得てきて、ましては他力本願、
    そしてどんどん自分に甘くなるものです。
    よーし、私もまだまだ挑戦していくぞ。
    得点はでないけど。
  20. 古賀さん

    毎週日曜の私の楽しみであるサンデーモーニングのスポーツ。
    昨日は古賀さんでとても楽しみました。
    仰ることが面白くて興味深くて。もっと出ていただきたい。
    ソチオリンピックで優勝したキャンドルスピンのリプニツカヤは
    どこに行ってしまったんだろう。
    兎に角、ロシア勢の層の厚さに日本も苦しい立場です。
    私の時代にはビールマンスピンが素敵だったスルツカヤが可愛くて
    あのショートを真似てみたものです。
  21. 羽生選手の躍進

    いったいどこまで行くのだろう。
    卑屈な私はいつ下降していくのかドキドキしてしまうのです。
    もはや今の敵は自己最高得点。
    トップになったらあとは維持していくのみ。
    恐ろしい精神力に心から尊敬します。
    スポーツ選手は過酷だなー。
    応援しています。
  22. 寒くなると足の間に

  23. でっかくいこうぜ!

    最近は手の爪に全く色が塗れなかったので、
    12月はパンチの効いた色を塗ってみました!

     
    ある雑誌を開いて来年の運勢を見てみると。
    "あなたは小さい世界にいると実力を発揮できないので、
    大きな世界で勝負するように"と書いてありました。
    何かいただきでしたわ、この言葉。
    ちっちゃい、ちっちゃい!大きく、大きく。
    よっしゃー、来年とは言わず、今からそんな感じで行くぜよ。負けんな!と喝が入ったのでした。
     
    いつもはあっという間に食べてしまうので今日はと


    パンオスリールのバゲットサンド。最高!
    今日は朝からへんてこな天気でしたがまさかの快晴。
    きもちいいなー
  24. イギリスにて

    裸婦の絵がなぜかいっぱい私の部屋には飾ってあり、
    見つめてポーズを真似ていました。


    パディントンが駅にいるなんてさすがロンドン。


  25. 日常

    時差もありますが元気に保育園行きました。


    捨ちゃんは一週間家を空けたので私にベッタリです。



    あまりに綺麗な光が銀杏を照らしていたので。

    日本の冬の光は本当に美しい