column

ARCHIVES
  1. さよなら

    ホテルオークラもいよいよカウントダウン。

    さよなら0.jpg

    昨日は久兵衛さんでお食事です。
    いくらにまぐろ食べる食べる。
    ホテルオークラに色んな思い出があるので
    なるべく今の面影を残して欲しい

    さよなら1.jpg

    さよなら2.jpg
  2. 今日はいいこと

    ミルキーの紙にあるぺこちゃんが
    顔がきれないで10個あるといいことがあるんですって。
    何かいいことあるといいな

    ミルキー.jpg

  3. 野村選手

    野村選手こそ国民栄誉賞ですよ。
    オリンピック三連覇なんて凄すぎます。
    四年に一度のオリンピックの三連覇なんて。
    あまりに平然とやってのけてしまったから、
    当たり前と思われてしまっているのでしょうか?
    歴史を刻んだ人ですよ。
    正に、野村選手は。

  4. サニブラウン

    素晴らしい!
    恐れを知らない若者は本当に頼もしい。
    知れば知るほど怖くなってきちゃうからね。何でも。
    準決勝予選も爆走しちゃってください!
  5. 特製マツマルラーメン

    荻窪はさすがラーメン所
    美味しいなぁ
    マルマツ.jpg
  6. 輝き

    撮影の合間をぬって、世界陸上とバレーボールをザッピングする毎日。
    キューバに勝ってよかったですね、日本!
    世界陸上はやはりボルトが100メートルを制しました。
    一流の人というのは必ず本番に力を発揮できる天性の素質と才能と精神力を持ち合わせている。
    素晴らしい。役者もそう。
    稽古でいくら輝いていても本番に板の上で輝いたもん勝ち。
    なかなか出来ないんですけどね。
  7. まほろは

    幕張で行われている大恐竜展へ。
    1440402725045.jpg
    一緒に行きたかったなぁ。
    最近、恐竜の映像ばっかり見ているMr.M。
  8. 引退

    柔道の野村さん引退ですかぁ。
    かっこよかったですよね、小柄ながらも秒殺の切れ技。
    お疲れさまでした。
  9. 撮影

    キツいけど頑張っています。
    時間はかかるけど、才能ある演出家と共演者により
    久々にびんびんしてます。
    撮影 (1).jpg
  10. 荻窪ラーメン

    並んでいて物凄く気になったので私も並んで食べちゃいました。
    DSC_0157.jpg
    タンメン美味しかったなあ~。
    作る方も物静かでエレガントで。
    味もさっぱりした中にこくがある透明のスープ。
    あー、ごちそうさまでしたと。
  11. 元祖マカロン

    マカロン発祥の地とされるセントジョンドゥルース。
    あか2.jpg
    素朴な味ですが、外はさくさく中はしっとり。
    マカ.jpg
    これを買いに来るお客さんが後を絶ちません。

  12. クラス会

    又々、6年桃組のクラス会。
    桃組.jpg
    毎回集まりがいいこと。
    佐々先を囲んであっという間に私達は小学5、6年にタイムスリップ。
    楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
    この中にさくら組とうめ組が一人ずつ紛れ込んでいます。
    誰でしょう。
    違う組の人がいるとそれはそれで楽しかったなぁ。

  13. 寝る前に

    白浪五人男をやりだした。
    白波.jpg

  14. 驚き

    ドングリや松ぼっくりならまだしも・・。
    抜け殻.jpg
    こっこれは!蝉の脱け殻。
    玄関に鎮座していたのにはぎょっとしました。
    これが男の子というものですな。
    その内、カエルの卵になったり、幼虫になったり、
    ザリガニになったりするんだろうな。
  15. スター

    連日甲子園の熱狂が取り上げられていますが、
    暫くサッカーブームに押しやられていた野球界に明るい兆し。
    今の十代は重圧を楽しみに変える鈍感力が見事に備わっている。
    素晴らしい。
    舞台初日に心臓が飛び出しそうになる私にもそんな力が備わりたいものです。
    どのスポーツ界にも若いスターが誕生するのは日本にとって素晴らしい未来。
  16. 久々

    Mr.M、久々の保育園登園です。
    入るなり沢山のお友達から大歓迎を受けるMr.M。
    ハグしてくれる子、抱き締めてくださる先生、
    飛び上がって喜んでくれる子、幸せだねMr.M。
    こんなに皆から声をかけてもらえる環境にいられて。
    友達っていいな。
  17. マルセイユで出会った

    オリーブオイル。
    オリーブ.jpg
    最高に美味しいです。
    すべての野菜が美味しく感じます。
    あ~あ、もっと買えばよかった。
  18. いとかなし

    たった3日間、ローランとフランスを延泊しただけなのに
    私の顔を見ては「パパー」と言って間違える。
    悲しすぎる。
    ママにベッタリも困るけど、パパにベッタリだと何か悲しいよー
  19. 初勝利

    錦織選手がナダルに初勝利!
    ばんざーい。ばんざーい。
    やっとこの時が来ましたか。
    嬉しい限りでございます。
  20. 日本の夏は

    暑いです。茹だってます。
    バカンス帰りの私にとって過酷な事ばかりの仕事場。
    でも素敵な台本なので張り切ってま~す。
  21. 丁寧

    マルセイユでは毎日徒歩でショッピングをし、
    鍛えられたからか、かなり荷物を運ぶのへっちゃら。
    いやー、しかし日本はすべてが丁寧なこと。
    紙袋の二枚重ねなんてありえな~い。
    帰る寸前にはビニールが指ごとちぎれそうだったのに。
    保冷剤のこれでもか攻撃、ありえな~い。
    保冷剤をケーキに入れてくれってローランが頼んだら、
    大きなプラスチックのをケーキの上にどん!と置かれ、
    危うくケーキの形が変形しそうだったのに。
    でも、確かに日本のように色々なものを丁寧に、
    個別にビニールに入れる必要はない気がするけど。
    フランスに行くと逞しくなって、そして日本の怖すぎるくらいの便利さに戸惑う私。

  22. アラーキーさん

    雑誌の「Numero TOKYO」にてアラーキーさんに
    親子のポートレートを撮っていただいて以来、
    Mr.Mの写真に対する探究心が止まりません。
    初めは玩具のカメラで「アラーキーさんやるから。はい。もう一枚。カシャ。はい。もう一枚」と
    口調も威勢もアラーキーさんを真似て。
    そしてついに玩具では物足りなくなり、標的は私のデジカメへ。
    フランスで撮ったものを見直すと"これ誰が撮ったんだ?"という
    不思議なアングルの写真が大量に出てくる。
    さてはMr.Mの仕業だなぁー。
    しかもアングルが下からだから、あおっちゃって皆、不細工。
    そんな写真が満載です。
    アラーキーさんに相当衝撃を受けたようですな。

    P6160179.jpg
  23. 我が子は強し

    何日か前にMr.Mを残し、私だけ帰国。
    空港から容赦ない暑さにみまわれ、歩くのも辛かったのですが。
    やっと慣れてきました。
    熱い中、お留守番をしてくれた姫ちゃんと捨ちゃんもよく頑張ってくれました。
    1439288281125.jpg

    さて、お別れはさぞや悲しがるだろうという私の想像に反し、
    ママンとクレオとローランの肩に乗ったMr.Mは満面の笑みで手を振ってくれた。
    何と頼もしい子なんだろう!と感嘆するまでは良かったのですが、
    それからskypeで喋ってもローランと喋るだけで、私のことは確信的に無視。
    いくら話しかけても返事はローランに。
    かっ、悲しすぎるだろ、それは・・。
    しかもMr.Mが「ばいばーい」って言ってskype切っちゃうし。
    母、切なし。でも泣きじゃくられるよりいいか。
    元気で楽しそうに皆から愛されているからそれでいいっか。
    最終的に私のところに来てくれたらそれでいい。
    それくらいの距離感で私達の家族の形は成り立っている。
    形.jpg
    でも帰ってきたらこれでもかっー!!!っていうくらいハグとちゅうの嵐しよー。
    「やめてー、まま~」ところころ笑う声が早く聞きたいよー。
    あっ、勿論ローランにもハグしてっと。
  24. 明日

    パリにて、一月に起きたフランスの一連のテロ、
    いわゆるシャルリエブド事件から、大規模なデモンストレーションまで。
    私が色々な方に話を聞いて参りました。
    なぜ人は傷つけ合い恨み合い、また何故もともとそういうことが起こってしまうのか。
    とても充実したインタビューをして参りました。
    明日、21:15~NHKスペシャルにて放送されます。
    是非ご覧ください。

    1438583022159.jpg

    1438583000106.jpg
  25. 平野ノラさん

    ふとしたところで目にした平野ノラさん。
    私たち世代にはたまらない芸風。