column

ARCHIVES
  1. 嗅覚

    鼻をきかせて歩くと、金木犀の香りが漂ってきます。もう、10月か。。。なんだかんだ。。。
  2. 歌舞伎DVD

    アシェットさんの歌舞伎DVD

    36号はこれです。
     

    第36号  「源平布引滝 実盛物語」(平成31年4月歌舞伎座)

     

    仁左衛門のおじさまの実盛に眞秀が太郎吉役で出させていただきました。

    眞秀は今からDVDがくるのを楽しみにしているようです。

    何であんなに自分の映像見るのが好きなんだろう。

    全くもって、わたしの血ではないな。

     

    この公演中、私は仕事で地方にいて観られませんでしたが、

    実盛との唄の掛け合いをど忘れしてしまった回があったらしく、

    後でそれを聞いて青ざめたのを覚えています。

    本人はそれをまだ気にしていて、"DVDであの忘れた時の使われてたらどうする?"

    って聞いてきました。そんなわけないでしょ。

     

    仁左衛門のおじさまの実盛は兎に角カッコ良かった。

    今歌舞伎座が再開しだしました。

    コロナで何もできなかった時期・・特にご年配の歌舞伎役者の方は

    なにを思っていらしたのだろうか。

    どんな感じなんだろう?

    一幕見の時体勢は。

     

    わたしの周りの歌舞伎通のおばさまたちは、やはり歌舞伎座に行くのは歌舞伎を見るだけではなく、

    お弁当を食べたり、ご贔屓の役者さんをみたり、時には音を聞きながら居眠りしたり、

    たっぷりと半日歌舞伎座で過ごして歌舞伎に浸れるのが良かったらしい。

    でもそれは、当分無理ですよね。

     

    近々見に行ってみようかな。雰囲気を感じに。

  3. 真っ赤

    昭和の象徴がこんなに真っ赤