column3

ARCHIVES
  1. 納得!

  2. やはり

  3. 萬屋!

    歌舞伎座の駐車場で小川陽喜くんと小川夏幹くんに遭遇。陽喜くんはいつもは全然私に笑ってくれないんだけど、今日はニコニコ笑ってくれた。もしかして獅童くんに"しのぶちゃんに会ったら笑わないと食べられちゃうよ"とか言われたのかなー。
    思わず写真撮ろーと言うと、もじもじするなっちゃん。なっちゃんはママっ子だと聞いていたので"なっちゃん写真撮って、なっちゃんママに送ろうよー"と言うとささっと来てくれた。2人ともまだ小さくて可愛い!眞秀はぐんぐん大きくなり2人のような可愛さはない。懐かしいなぁ、ひょいと抱っこできたあの頃。

    まもなく中村陽喜くんと中村夏幹くんになるからねー。初舞台もまもなく。頑張ってね。

  4. 無趣味

    "おかあさーん、僕の写真ばっか載せないでくれる?僕が載せるものなくなるから。"
    眞秀にそうぼやかれる。
    寺島しのぶ、無趣味。
    インスタの写真選びも自分の写真が本当に少ないのに改めて驚く。眞秀の写真、ノアの写真、家族の写真、姫とステの写真。
    自分の写真と多分たくさん撮っていたであろうローランとのツーショットも殆どが、ない!
    時は流れる。
    さっ、今日も頑張れ。

  5. 夜の部

    せっかく特別ビジュアルができたのに歌舞伎座の周りに全く貼られていないのは何故なんでしょうか?
    昨日の初日は伊勢音頭が通しであり、子供達が喜撰に出ますよとお伝えすると残ってくださるお客様がいらした。夜の部最後でなかなか体力的にも大変ですが、可愛らしいのでぜひ見ていただけたらと思います

  6. バタンキュー

    初日は1番楽しいそうです。羨ましい。
    私も文学座時代はそうだったな。舞台に出たくて仕方なかった。でも、今は初日、恐怖が襲ってくる。老いなのか責任なのか。
    歌舞伎座から帰ってきてノアにしなだれかかる。
    お疲れ様でした。

  7. 必需品

    毎日欠かせないスチームアイロン。
    着物もあっという間に皺が伸び、やっと出会えたスチームアイロン、欲を言うならもう少し軽めが有難いです。
    でも、最高。

    本日は暖かくなるようですね。
    がんばろ。

  8. 初日

    無事終わりました。
    昼の部が終わり一度家に帰る。宿題などをやりお昼も食べてリラックス。私も一旦着物を脱ぎリラックス。5時にノアにご飯をあげ私も又着物に着替える。今月は長い1日だ。でも頑張ってます。
    是非歌舞伎座にお越しください。

  9. モレッティ

    ローランが早速「パレード」を見てくれて。藤井監督の才能にブラボー、モレッティスタイルだねと言っていた。
    沢山の方に見ていただきたいです。

  10. 舞台稽古

    ドイツマイスター眼鏡院で作ったメガネ。視力も細かく測っていただいてこれでしばらく目を矯正する。
    意外と適当に作られてても若いうちは何ら支障ありませんが、50を機に買っちまいました。
    フレームも軽いしオシャレだし、気に入ってまーす

  11. 黒ニンニク

    歌舞伎座の向かいにあるやまうさん。
    今日も黒ニンニクを一粒食べて、頑張ります!

  12. 合流

    舞台稽古が終わり、ローランのお友達のお家へ。

    プロ並みの美味しさ。

    で、その後、今日は"パレード"公開記念。夜にみんなで合流。世代がみんな違って話が尽きない!大好きダァーみんなー。てっちゃんも流星くんも又みんなで会いたいね。勿論人一倍働いてる藤井監督も!

    Netflixで配信がスタートしました。私は相変わらず恥ずかしくて見ておりませんがとても評判が良いようです。

    どうぞ、よろしくお願いします。

     

  13. パレード

    本日はNetflix映画「パレード」公開記念イベントです。私も藤井組に参加した一員として、本当に行きたかったし、久々にあのメンバーと時を分かち合いたかった。"寒かったねー本当に。でも、藤井監督は寒さにめちゃくちゃ強くて、ずっと回すんだよねー"とか話したかった。まさみちゃん頑張って。登壇する皆さん、頑張って!
    残念ながら体は一つしかありません。本日は眞秀の舞台稽古。母ちゃんは客席からカメラを回さなくてはなりません。
    "パレード"
    思い残すことがないように、毎日をしっかり生きてゆきましょう。もっと生きたかった方達のためにも。

  14. 東京タワー

    やるのですね。懐かしいなぁ。源監督との出会い。
    松本くんとの出会い。
    フラメンコとの出会い。
    フラメンコは元々気性に合っていたのかはまりにハマって、佐藤先生もどんどんハードルを上げてくださった。
    松本くんはまだとっても若くて、でも肝が座ってて。当時はなんか必死だったからあまり覚えてないし、自分の出た作品だからまだ見てないんだけど、今回の東京タワーは見ようかな。

  15. 自分のために

    Instagramを今更始めて、なんか、編集しているうちにどんどん小技が見つかって快感を噛み締めているうちに時間がどんどん経っていく。台本開かなきゃ、眞秀の舞台での稽古も間もなく始まる。素敵な初日が迎えられますように。
    コラムは書いているうちに自分の頭が整理されてくるし、ものを書くことは嫌いじゃない。
    インスタはこれまた、自分の独自の感性が試される。
    人に見ていただきたいというより、自分のなんか楽しみを見つけてしまった感じ。いつか監督とかやりたくなんのかな。
    眞秀の撮影に立ち会うとなんか黙っていられなくなってしまうがここはお口チャック。眞秀には眞秀の感性があるはずだ。それを信じる。
    眞秀の同級生に"眞秀のままのインスタいけてんじゃん"とか言われてなんか嬉しくなる。子供の、未来を背負う子供の意見は貴重だ。
    だんだん、役に染まっていかなきゃいけない時期に差し掛かり、何かしら変化していくだろう。仲のいいママ友さんから"シノブさんのラインの返信で今忙しいんだろうな。とか、こんな役やってんだろうなというのがわかる"と言われたことがある。そうなのかなぁ。
    時の流れに身を任せましょう。無理は禁物。といいながら無理してんだけど、私の気力と体力に感謝して、頑張っていきましょ!

  16. 付き添い

    本日は眞秀の撮影に付き添い。朝から新幹線。


    寝癖が酷すぎるよね。

  17. これは行かねばならぬ

  18. 連獅子

    勘九郎さんと長三郎さんの連獅子を眞秀と鑑賞。
    長三郎さんの今ある精一杯を出している踊りに感動しました。子供らしくて愛嬌があって親に食いついていく姿は小獅子そのもの。ライオンキングのシンバのようでした。
    眞秀も大いに感化されたよう。来月頑張らなくちゃ!と喜撰の振りをさらいながら帰路につく。
    私はその足で

    飲み会。久々に皆さんと再会。何でこんなに笑えるんだろう。楽しいし、話が尽きない。こういう時間は本当に大事だ。自分時間。

  19. 豊富

    昨夜は何か自分が豊かになった気がした。
    野村忠宏さんとはお久しぶり。Switchインタビューでご一緒させていただいてから何回かお会いしている。講道館で野村さんに背負い投げをして頂いた思い出は、もう本当に生涯の宝物です。
    そして昨日は大阿闍梨の塩沼さんと初めてお会いし、その佇まいと神々しい笑顔に癒されました。小学五年生でこの修行がかっこいいと思いやられたそうです。眞秀の歳で生きて帰れるかわからないあの修行をすることを決めていたなんて。
    https://www.mapple.net/articles/bk/10211/
    兎に角普段自分が抱えている思いだとか邪念だとかがなんてちっちゃいことかと思えた。今度ぜひ仙台にお邪魔したい!ありがとうございました。

  20. 土台作り

    久々の樫木さん。キックボクシングを始めた私を見て"プロになるわけじゃないんだからあんまりやると背中に筋肉がつきすぎて猫背に見えてくるよ。寺島しのぶはシャキッとしてなきゃ。"流石樫木さん。私がやりだすと、とことんやりだすのを見抜いている。樫木さんのトレーニングでも実際ゆっくりとキックするトレーニングがあるけれど、ブレブレでフラフラだ。体幹が使えてない。
    キックボクシングは邪念がなくなり一心にサンドバッグと向き合い、顎から滴り落ちる汗に"力石みたいだなぁ"と自分に惚れる。体幹が使えてないと腕だけで打ち込んだり足先だけで蹴り込んだりしているから痩せるはずもない。樫木さんのトレーニングをするとそれがよーくわかる。
    以前玉三郎のお兄様がコマをいっぱい持ってきてくださり眞秀に"回してごらん"とおっしゃった。コマの原理。"わかる?回すところが大事なだけで手足は勝手についてくるの"なるほど!その時の眞秀がどれだけ意味がわかったかわからないけど、私は本当に目から鱗だった。眞秀と一緒にいると勉強になることが山ほどある。コマの原理。バッティングだってそうだ。
    土台がどれだけ大事なものかを思い知る。表からいくら塗り固めたって肝心の土台がしっかりしてなかったら脆くも崩れていく。嘘が露見する。歳をとると若い頃のヤンチャが歪みとなって現れる。でもそれを今更後悔なんかしない。立派な私だけの勲章だーい。
    でも、土台作りはしっかりやろ。今からでも遅くはない。自分なりの土台作り。
    "パレード"の時に一緒だった、長澤まさみちゃんとか森七菜ちゃんとか本当に若いのにちゃんと自分の健康を考えてる。自分でサラダを作ってきたり、いいサプリを勧めてくれたり。健康意識が高い。自分に優しい。今からああだったらきっと100歳まで生きられる。
    あの歳の時私は何してたっけ。まあ、青春してましたねー。昭和という伸びやかな社会で。

  21. おおーっ

  22. 坂元さん

    "不適切にもほどがある!"
    キヨシ役の坂元さんが、私が青春時代に好きだった木村一八さんに見えて仕方ない。絶対寄せてますよねー。なんか、久しぶりにザワザワしてます。
    そして、最後に古田さん。衝撃的な姿で登場。だんだん頭が混乱してきました。
    共演をいい加減したいものですねーといつもその話になるのが古田さんと佐藤浩市さん。
    古田さんは最近では"空白"でニアミスはありましたが、大体が同じ作品でも全く絡みがありません。あっ、全くじゃないか。
    佐藤浩市さんも"愛の流刑地"で共演しましたが、カメラ前以外は直接会話は交わしておりませぬ。お会いするのはいつも何かの会合で。残念な限り。

    大きな役のときは豊川さんがダントツに多いのですが、意外といつもお会いするのが、杉本哲太さんと北村有起哉くん。
     

  23. ポスター

    春らしいポスターです。夜の部最後ですが元気に楽しく晴れやかに踊ってね。

    撮影後、みんな一休さんになっちゃった。

    暑いと思ったらまた寒く、風も強く、花粉も飛びたい放題ですね。体調気をつけましょう!

  24. インスタ

  25. 諍う

    自分が今受け入れようか迷ってるもの。
    #️⃣インスタ#️⃣韓流#️⃣老い
    この、ハッシュタグっていつからできたもんなんだろう。
    昭和がいいよ。やっぱり。