column3

ARCHIVES
  1. インディー・ショーンズ

    お台場で吹き替えバージョンが上映されていたので行ってきました。恥ずかしながら私、ちゃんと見たのはこれが初めて。面白かった。そんな訳ないじゃん!みたいなツッコミどころ満載でしたが。最後に分からないところがあって、"お母さんちゃんと1から見なよー"と言われてしまった。1みたら分かるのね。
    バーチャルゲームもあって、お台場満喫しました。
    映画館は私たち2人だけ。バーチャルゲームも眞秀だけ。私のお台場時代はかなり混み合っていましたが、今はこんななのかな?

  2. いつか、お会いしたいと切に願っている、井村コーチ。
    https://u.lin.ee/r28b2FG?mediadetail=1&utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=none

  3. 預言者

    オールスターをウチに着くまで実況してくれる眞秀。
    うちの近くまできて、"ここでエレベーター上がってテレビつけたらギータの打席で、丁度、ホームラン打つから!"と私が宣言する。
    いえーい!予言通り!さすがお祭り男!かっこいい〜。


    大阪の方が涼しかった。東京の綺麗な空が迎えてくれた

  4. 松竹座観劇

    久々の道成寺を観劇。今まで幾度となく見てますが、おじいちゃま、父、弟の三人道成寺。玉三郎のお兄様と弟の二人道成寺。などなど。思い出しました。

    いきなりファンの方からお手紙渡されました。ありがとうございます。


     

  5. let's go

    眞秀と新幹線乗ってまーす

  6. ノアも

    うだってます

  7. 覚悟

    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/hochi/entertainment/hochi-20230717-OHT1T51267

    信頼する山田監督、獅童くん、そして共演者の皆さまと10月歌舞伎座でご一緒できますこと、実感が湧いているんだか湧いていないんだか、ワクワクしているのかビクビクしているのか自分の中でまだよくわかっておりません。50歳の挑戦として好きなことを好きな人とやる!というものを自分の中で掲げておりまして、そんな矢先お話を頂いたのがこの"文七元結"でした。人生一度きり、歌舞伎座の怪人に摘み出されないように、謙虚にそして舞台ではお客様に楽しんでいただけるように力を合わせてやらせていただきたいと思います。
    父の"文七元結"が私の中ではベストです。私はこれを見て育ちました。だから、それが邪魔をするかもしれません。でも、それはそれ、これはこれで。割り切っていかないといけないなと思っております

  8. ご命日

     

    二階堂トクヨ先生。時代の先駆者をやらせていただき、素晴らしさ逞しさ雄々しさを体を通して実感いたしました。
    宮藤官九郎さんが素晴らしいセリフを書いてくださり、言っていて清々しかった。
    "いだてん"も見られなくなってしまうのか。。。

  9. VIVANT

    寝なきゃいけないのに、私も眞秀も最後まで息つく暇がなく見入ってしまった。
    下世話な話、いくらかかっているのだろう。ちゃんとお金をかければ日本のTVだって世界に劣らないものができる!それを証明するようなドラマだった。アメリカのリメイクなど日本でやるとどうしてもアメリカの規模と比較してしまい恥ずかしい気持ちになるのだけれど、今回は、素晴らしかった。やっぱりお金だ。お金があれば、、優秀な作り手さんと役者さんは日本に存在する。

  10. ジェーン・バーキン

    ジェーン・バーキンがこの世を去った。
    何度かお会いする機会もあった。常に気さくで飾らないありのままの生き方にいつも私は魅せられていた。
    またお会いしたかったです。
    合掌

  11. 酷暑

    あれ?梅雨明けまだですよね。

  12. 7月14日

    フランス革命記念日。市民が国王制度を壊した日。

  13. 難敵

     MLBでもあわやホームランをバンバンキャッチされた。アロザレーナ。あの腕組みポーズもにっくき感じでした。
    オールスターでも初回からスーパーキャッチを見せさすが!
    ここで見るアロバレーナは憎みもない。ただ素晴らしい。スーパースターの見せ方。
    さっ!ショーヘーイ

  14. 今日は

    見てたいんだけどなぁ。。。

  15. 朝から

    蝉が全開で鳴いております。皆様、酷暑、お凌ぎください

  16. 東峰村

    ドラマでお世話になった東峰村が又被害に。一度慰問に伺ったのは何年前だっただろう。今回もとても心配です。
    地球が壊れている。

  17. なんかバタバタしてるのに

    ふとよぎって、いそいそと寝室にあるベアを磨く。明らかに汚れてきて日にも当たり、ゴールドベアになっている。今日も予定がいっぱいでもう出なきゃいけないのに磨き始める。みるみるゴールドらしきそのクマちゃんはピカピカのシルバーベアになりましたとさ。
    この間、崔さんのお別れ会に行き小山明子さんが崔さんは"愛のコリーダ"の助監督だったとおっしゃっていて、
    あ、若松監督も愛のコリーダの裏話をいっぱい聞かせてくださったなぁ。とか、この会に若松監督がいらしたらなーとか、色々よぎりました。だからかなー。ぎんくまちゃんに呼ばれたのは。

    ちょくちょくまた磨いてあげよう。あっしまった。出なきゃ!

  18. 朝から暑いなー

    俺黒いからさ、余計あっついわけよ。真夏でもダウンジャケット着てる感じなのよ。


    分かる?この辛さ。

  19. のっ飲み会?

    お稽古に連れて行かないといけないから待っていると、眞秀とクラスメイトの女の子が。"あれ、もう終わったの?なんで眞秀は出てこないんだろう"と言うと"飲み会してるから遅いんだよ"と。えっ?え?飲み会?
    思い出した、水泳の授業の後学校で葛湯が配られるらしく、それで、何人かの友達と乾杯して、酔っ払う芝居とかしてるってこの間聞いたなぁ。はやく〜、葛湯の酒盛りはいいからさぁー、はやく出てきてヨォー。
     

  20. なんだ?

    なんか、朝から眞秀も私も鼻が詰まってるんです。完全なアレルギー症状なんですが、なんか、舞ってますか?

  21. お別れ会

    昨夜は崔洋一監督のお別れ会に行ってまいりました。映画人の香りがぷんぷんした方達の集いで崔さんの思い出話を語り合いました。
    "クイール"という映画で監督とはご一緒させていただきました。又、最後に撮りたいとおっしゃっていた台本も受け取っておりました。とても素敵な大人の純愛ストーリーでした。
    是非監督のためにも制作を実現してほしいです!
    見渡せば女優さんはほぼいらっしゃらず、若い俳優さんもほぼいない。松山ケンイチくんが1番若かったかなぁ。
    久々にお会いした監督達、久々にお会いした役者さん達、浩市さんや桔平さん、映画のスタッフの方々。とても素敵な会でした。
    藤竜也さん、かっこよかったなぁ。

  22. 久々におめかしして

  23. びっくりした

    座頭市見てたら、いきなり出てきた!

  24. マッティー羊羹

    頂きました。
    あずきバーが美味しい季節となって参りました。

  25. 下手!

    眞秀が写真撮ってと言うから咄嗟に撮ったけど全くブレブレで、お母さん、ヘッタ!と言われる始末。

     

    七夕ですね。